「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:イタリアン( 2 )

黄金のピッツァ

「真正ナポリピッツァ協会」の公式レシピ会員番号一番の店は、歌声が世界一美しく響く「ナポリ・サン・カルロ歌劇場」のすぐ近くにある。

名物の「黄金のピッツァ」を注文すると、私は黄金のトランペットと呼ばれた、世界的テノール歌手「マリオ・デルモナコ」を連想してしまう。

大きくてお皿いっぱいにのせられた豪快なピッツァ様は、彼の出演したオペラのように堂々していて圧倒される。

例の「マルゲリータ」が舞台上の美しき女王さまとすれば、「黄金のピッツァ」はまさしく相手役の王か騎士かに譬えられるかもしれない。

しかし、聞くところにによるとマルゲリータ様の店は、レシピ騒動には加わらず、孤高の美味しさを提供しているよし・・・・
[PR]
by cantare-so | 2004-08-22 11:50 | イタリアン

フンギ ポルチーニ

いつもせっかちな私は、季節の先取りで、夏の最中でも秋の茸を食べる事をよく夢見ている。
幸せなことに、今年、早くも夏松茸を口にする機会に恵まれた。
 
何年か前のローマも、早い時期から長い夏がいつまでも続き、とても7月の終わりでは、ポルチーニは無理だろうとあきらめていた。ナッィオナーレの通りから路地に曲がり、緑の中庭のある小さなレストランを覗くと、山盛りのポルチーニ。ころんとして豚に似ているので、こんな名前がついた茸だと思い出し、思わず笑みが口元に。

シンプルにソテーしてもらい、塩味だけのイタリア松茸を、額に汗してその香りと歯ざわりを楽しんだ事をよく思い出す。初秋から晩秋まで楽しめ、フランスのセップ茸、ドイツのシュタインピルツとも同じ仲間だが、ポルチーニはまた少し違うように感じる。

日本の松茸も産地によって、風味が違ってしまうのと同じなのかもしれない。
[PR]
by cantare-so | 2004-08-14 11:51 | イタリアン