<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

すべての道は蕎麦へ通じる Ⅰ

夢のまた夢と言うか言う前に、季節が通り過ぎてしまった。
 暖冬の今年、三月半ばの会津に大雪が降ったと聞き、慌てて車にスタッドレス・タイヤを装着して、塩原、山王峠、会津田島、湯野上、芦ノ牧を抜け、東山温泉を往復した。
f0133771_9253549.jpg

 やはり大内宿には立ち寄らないわけにはいかない。雪囲いをした脇を抜け三澤屋の引き戸を開け、炭火のはぜる囲炉裏と長火鉢の前にどっかり座り込み、長ネギをかじりながら高遠蕎麦を食すと、ゆったりとした暖かさに包まれてくる。
f0133771_9282554.jpg
 
 さらに宿内の中野屋に寄り蕎麦がき汁粉を注文。ふっくらとした蕎麦がきのこつは、女将の話だと、腱鞘炎になりそうだと言うくらい、物凄い速さで掻き混ぜるのだそうだ。土産にそば粉とハットウを買ったが、私のような無精でのろったい者は、とても美味しい蕎麦がきはつくれそうも無いと思った。


 
 春の彼岸の墓参に行った。秩父盆地を見下ろし、武甲山を前に望む松風山音楽寺に、私の父が眠っている。4月18日の観音祭の頃は、御堂と父の墓の上に桜の花びらが風に舞い、何とも云えぬ良い景色になる。昨年のことを思い出していた。
 父とふたり肩を並べて花見酒をしたいが、まだそんな時が訪れない。「また、いずれ一杯」と父に声を掛けて墓参りを終了する。
 春の彼岸、お盆、秋の彼岸と、年に3回しか行かない親不孝の私だが、近頃めっきり足腰の衰えた母と、帰りには必ず手打ち蕎麦「和平」に立ち寄るのが恒例だ。鬼皮を多く挽き込んだモソモソとして喉ごしの悪い蕎麦だが、これを濃厚なクルミだれにつけて食す。ツルリ喉ごしの良い江戸前の蕎麦とは正反対だが、なかなかクセになる。

 親戚の結婚式がある四月初旬、京都の白河の桜はすでに水に散り流れ、円山公園のしだれ桜も静かな時を迎えていたにもかかわらず、私はさらに北山の桜をもとめ、妻と共に花見を楽しんできた。

 帰宅後、すぐに今夏のコンサートの打ち合わせに駒ヶ根まで行き、ついでに十年数年振りに立ち寄った高遠の桜の素晴らしさに声をあげた。
散り際のコヒガンザクラの美しさには、ただただ見呆けるばかりだった。
今年は東北まで桜前線を追いかけられないと諦めていたが、これで本望だとしよう。

 さてこのあと、「すべての道は蕎麦へ通じる」はつづくことに致します。
[PR]
by cantare-so | 2007-04-29 09:10