<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

続、茸の季節

 甲斐大和まで車を走らせて、茸採りに出かけた。
いつもの林道は進入禁止。仕方がないので一時間ほど歩き源次郎岳を北から回り込みながら、黄金色の落葉松や、もみの林の中を捜した。
 手にしたい茸の収穫は乏しく、少量のアンズタケのみ袋に。この茸はフランス料理に良く使われるジロール茸。
とても良い香りが特徴だ。

 林の中の少し開けた場所に腰をおろし、バーナーに点火。
持参したインスタント・ラーメン、チーズと少量のボルドー・ワインで、静寂の秋に時間を過ごした。

 帰途、面白いお婆がいる茸売店に寄ると、めずらしくクロカワが山盛り。
土産に買い求め、私の秋の味覚は満足しそうだ。この売店には十種類ばかりの茸が並んでいた。
 地元の茸採りが毎日卸しにやって来るのだそうだが、わが庭のように山に入るこの道のプロには、とてもかなう者ではない。当たり前といえば当たり前だが。

 なんと大きな香茸もある。黄金茸、アカモミタケ、サクラシメジ、アシナガ(ナラタケ)、ウラベニ、さっき採らずに敬遠したスギタケ等も並んでいる。

 蕎麦切り発祥の地で数軒の手打ち蕎麦屋、そして武田勝頼最期の景徳院も素通りして、今日は日の暮れないうちに、さっさっと帰ることにした。
我が家で、クロカワを焼き大根おろしと醤油につけて、楽しむに勝るものはない。
[PR]
by cantare-so | 2010-10-14 22:58

茸の季節

10月に入り、妻もようやく退院して来て、二人の生活が戻ってきた。
何と言っても、顔を見合わせ話をしながらの食事は、質素でも、ともかく楽しく有難い。

 さて、雨もここ数日何回か降りそろそろ出始めたのでは思いながら、まだ本調子ではない妻を留守番にして、気分転換と足慣らしに茸採りに出かけることにした。
 狙いは昨年はまったく採れなかったウラベニホテイシメジ。
 場所は秘密。
この日は偵察も兼ねていたのだが、毒キノコのクサウラベニタケや雑茸の目立つ中から、やっと形の良いウラベニホテイシメジ3本を手にした。清流のクレソンも生育が良く、おすそ分けできる量を持ち帰ることが出来た。

 久しぶりに味わう、この茸独特の苦さに、季節到来を感じる夕餉になった。翌日はナラタケが採れたのでと、O氏からおすそわけの電話があり、かなりの大収穫で、これを煮こぼし味噌仕立ての茸汁に。
毎年私の好物を憶えていて下さることが、心から嬉しい。

 今週は山梨までハナイグチ狙いで出かけようと思っていたら、山の先輩から青森で採れたという香茸があると言うので、これまた有難く頂く事にした。
f0133771_22161385.jpg
 
 地元でもなかなかお目にかからないという幻の茸。
会津地方で炊き込みご飯で食べたことがあったが、生で手にしたのは初めてだ。大振りが2本あるので、これは網焼きでと妻と話し合う。
f0133771_2218145.jpg

 
 今年の岩手では松茸の大豊作と、ニュースで取り上げていたが、東京では何万円という高価な代物には変わりがないようである。
以前、尾瀬で手にしたことがあるつが松茸も、驚くような高価な値段がついていることだろう。
 
 さてこの秋、私の心残りを満たしてくれそうなのは、松茸ではなく苦い苦いクロカワの網焼きだ。
演奏会の合間の休みの日を、手帳とにらめっこしながら茸の季節を楽しむことにしよう。

 
[PR]
by cantare-so | 2010-10-10 17:17