「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

琴平から土佐絵金

 大震災から逃げるように(本当はもっと前から予定)出かけウイーンから戻った週末、雪の残る三国峠を越え苗場に車を走らせた。かなり揺れたと管理事務所から連絡があったので、部屋の様子を見るのが第一だったが、雪融けの中から蕗の薹を掘り出す楽しみもあった。幸い地震の影響もなく一安心して、例年より雪の多いゲレンデ周りを歩くことにした。
 
 春一番に顔を覗かせる、この時期の蕗の薹は香が強く、てんぷらにするのが最高だ。何年か前に凍った残雪に足を滑らせ、顔に大怪我をした妻の大事件を思い出しながら、慎重に足を運ばせ、妻の分を採取した。

 翌週末は、高松行きの飛行機のシートに妻と並んで座っていた。今年は娘が関わっている金比羅大歌舞伎を観るためで、心躍る四国琴平への旅だ。
 日本最古の芝居小屋「金丸座」での歌舞伎に、いつかは出かけようと思いながらはたせないでいたのだが、
娘にチケット(木戸銭)の手配を頼み実現したのだった。
f0133771_21185063.jpg

f0133771_21192920.jpg

枡に仕切られた畳敷きの上に胡坐をかき、江戸時代の芝居小屋の雰囲気はかくあったのではと思いつつ 、御存知「鈴が森」白井権八(梅玉)に斬られる雲助たちに笑い、藤娘(芝雀)のあでやかな衣装に季節の風を感じ、ケレン味たっぷりの鯉つかみ(染五郎)の宙吊りに歓声をあげ、といった具合だ。

 羽田から直行でサントリー・ホールに。読響の定期演奏会、カンブルラン指揮でプロコフィエフ「ロミオとジュリエット」組曲、それに楽しみにしていたミュラノの弾くラヴェル「ピアノ協奏曲」。何れも記憶に残る素晴らしい演奏に拍手を送った。
震災の影響(と云うより人災ではと感じる原発からの放射線漏れ、本当は漏れどころではないのだが)で音楽界でも中止等、混乱が続いた。来日を取り止めた演奏家が多く、無理からぬ理由ではあるが、少し寂しい感じがした。
カンブルランはコンサート冒頭に、メシアンの「忘れられた捧げもの」からを弦楽合奏のみで演奏して、被災された多くの人々に追悼を捧げた。私は二度聞く機会があったが、そのつど胸にこみ上げる熱い思いと感銘を受けた。

 チェコ放送管弦楽団、日フィルのインキネンのマーラー交響曲第6番「悲劇的」、マーツァルのドヴォルザーク交響曲第8番、マーラー交響曲第5番など、楽しみにしていたのだが、いたし方がない。
ドミンゴをはじめメーターやアルゲリッチなど、日本を心から愛し心配下さるアーチストたちは、来日や国外での支援活動を通して、私たちに多くの希望と慰めを与えてくれた。
こうべを垂れて、心から感謝の気持ちが溢れてくる。
 
 5月から7月と、何度か山菜取りに出かけたが、スカンポの芽やら、こごみ、のかんぞう、そしてニワトコ、ハリキリなど放射線の影響は少なくないように思う。正確な数値ではないかも知れないが、友人が購入して計測器を使用したところ、ほとんどが公表より高い数値を示しているのはあまり良い気持ちがしない。
 すでに、多くの時間を生きてきた私達は良いとし何歩か譲ったとしても、次世代の方々、そしてこれから生まれてくる幼い子供達の健康にどんな影響が出るのかと思うと慄然とする。
f0133771_21202155.jpg


 7月16、17日、これまた以前から心に掛かっていた、土佐「絵金まつり」に出かけることにした。
高知空港から程近い、香南市赤岡町で毎年行われている、小さい町の小さいお祭り。
京都の宵山が行われている同時期に、こちらは須留多八幡と云う小さな神社の宵宮。
 
 幕末の絵師広瀬金蔵略して「絵金」の二曲一隻の芝居絵屏風。この現存する二十三点を商店の店先に立て、百匁蝋燭を一本だけ灯りにしてあるのを見て回る、何とも風変わりで心惹かれる祭りなのだ。
 代表的な「鈴ヶ森」も斬られた雲助たちの手足が散らばる、おどろおどろしい血みどろの歌舞伎絵としてならび、血赤と呼ばれる独特の絵の具を使い異時同図法で描かれた役者たちが、夕闇にゆらゆらと蠢きはじめると祭りも最高潮だ。
近年、町中に絵金蔵なる美術館、そして素人歌舞伎の弁天座といった芝居小屋も出来て、いわゆる町おこしに「絵金」が一役どころか主役を務めている。
 数奇な一風変わった来歴、そしてその人生に興味は尽きないが、ちょっと苦笑している彼の顔が私には見えるような気がした。
f0133771_21212213.jpg
f0133771_2129872.jpg

[PR]
by cantare-so | 2011-08-07 13:06