<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

また、佐梨川へ

三浦雄一郎さんが80歳7ヶ月で、エヴェレスト登頂を果たした。
その年齢を超えたパワーと、トレーニングを積んだ努力に拍手を送りたい。同時に、彼を支えたスタッフには、ほんとうに頭が下がる思いだ。
携帯電話もつながらず、テレビも無いランプの宿で、配達された新聞からそのニュースを知った。
f0133771_14504893.jpg

今年も、駒の湯のラジウム泉の湯に低温長時間浸かった。
f0133771_14504981.jpg

f0133771_1450508.jpg

f0133771_14505170.jpg

去年より多い残雪。
ひと気の無い林道は、かなり手前で車をデポ。佐梨川の奥壁に喰い込んでいる沢を詰めて、 二日にわたり山盛りの山菜を収穫した。
f0133771_1450511.jpg

f0133771_14505297.jpg


photo:07]
[#IMAGE|f0133771_14505478.jpg|201305/25/71/|mid|400|300#
f0133771_14533943.jpg

f0133771_14533992.jpg


快晴。それにしても、真夏のような暑さで、今年の両極端な天候を象徴している。
久しぶりの残雪氷あづきで喉を潤し、衰えを感じる足をさすりながら車は帰途の高速へ。
f0133771_14505667.jpg

f0133771_14505762.jpg

f0133771_23412990.jpg

f0133771_23413165.jpg

[PR]
by cantare-so | 2013-05-25 14:01

宗麟の夢

戦国大名としてより、つとに名高いのはキリシタン大名としての大友宗麟だろう。
進軍する際の、先頭は音楽隊(軍楽隊)であったと伝え聞いている。
宮崎県延岡に今も残る地名「無鹿」ムジカ、音楽、つまり大友の音楽隊から来ているらしい。
宗の系図に、耳川で討ち死になど書き記してあるのは、島津と大友の合戦で、大敗した大友方だったからだ。残念ながら奮戦した有力家臣団の中に、その名はない。
その後、豊後未亡人が多数でたとの話が伝え残っている。
f0133771_11251338.jpg

f0133771_11251433.jpg

滞在もあと一日、見残したものを埋めるために、臼杵まで出かける事にした。
港にはかのザビエルも船を浮かべたかと思うと、かつて訪れた事のある遠い地ヨーロッパのナバラ・ハビエル城にまで、夢と思い出が羽をつけてくれる。
宗麟が築城し、やがて稲葉氏に受け継がれた
丹生島城、城下町の名残りを残す二王座等を歩き、臼杵の磨崖仏まで足を伸ばした。
f0133771_11251426.jpg

f0133771_11251595.jpg

f0133771_11251690.jpg

平成になり、落ちていた首を乗せ直した大日如来像は、まことに見事だ。
緑溢れる谷に点在する石仏群に、心洗われる思いだ。
食い意地でフグは年中食べられるが、少し季節をはずしているので、鯵寿司のお昼。これは絶品。
f0133771_1125184.jpg

天候に恵まれ、見るべきものは見、感じるべきものは、感じた。
さあ、大分に戻る事にしよう。
精悍な感じの、オールブラックの車両、特急ニチリンに乗り込んだ。
f0133771_11251646.jpg

f0133771_11251748.jpg

[PR]
by cantare-so | 2013-05-15 10:37

ふるさと感懐す!2

所縁深い、豊前中津へ。
来年度、NHK大河ドラマは軍師黒田官兵衛なので、町中その幟がはためいている。風林火山から新撰組、直江兼定、新島八重等々、いつもご当地になるとこの有様だ。

まずは栗山堂のういろ(外郎)を、わが家へ送って貰う。
我慢しきれず、店先で二つばかり口に。「旨い!」懐かしさが口中に溢れてくる。
f0133771_16261338.jpg

f0133771_1626142.jpg

おきまりだが福沢諭吉旧居へ。小さい土蔵の二階では、今だに勉学に励んでいる諭吉人形が居る。
f0133771_16261416.jpg

f0133771_16261555.jpg

f0133771_16261668.jpg

官兵衛の石組みで名高い中津城。山国川を防護堀にして何とも実戦的だが、こんな立派な天守閣があったかどうか?
黒田家が城内で謀殺した宇都宮氏、討ち死にしたその家来達の消えぬ血のためで、いまも赤壁に塗られ ている合元寺。
f0133771_16261613.jpg

f0133771_16261721.jpg

f0133771_16261764.jpg

時移り、奥平氏の時代。
わが、血筋はこの地にも縁が深い。
祖母の出自は今も武家屋敷が残る金谷森ノ丁。わが母方の祖父は晩年上ノ丁に住んでいた。
夏のような陽射しに疲れを覚えたが、
迷路のような金谷を暫く歩き回り、大分へ引き上げる事にした。
f0133771_16261897.jpg

f0133771_16261973.jpg

従兄弟と連夜の飲み会の折に食べた走り貝は、砂浜を走り回るのでその名前の由来になったと聞くが、これこそ珍味だ。
f0133771_16261943.jpg

f0133771_16262076.jpg

さらに良い思い出がこの先繋がるよう、互いの健康を祈り杯を重ねた。
[PR]
by cantare-so | 2013-05-14 15:49

ふるさと感懐す!

旅の口実はどうであれ、私自身の疲れをとるため休みたかった。
ふだん思う事の少ないふるさとだが、従兄弟と何十年ぶりかに会い、さらに、大分(府内)で飲む機会に恵まれるのを幸い、心に掛かって思い出せないでいる場所を訪ねて廻る、幸せな時間に身を置いている。
f0133771_1546214.jpg

f0133771_1546396.jpg

f0133771_1546449.jpg

f0133771_1546545.jpg

何ともはや、来年には大分駅前に、地方の何処に行っても同じように建つ駅ビルが出来るようだ。
広場の工事現場に立つ大友宗麟公の像は、何だか不機嫌そうに見える。
我、宗一族の住んだ家は、近年長池から城崎に移ったが、私が産まれ、幼い時期を過ごした場所は、多少だが偲ぶよすががない訳ではない。
全てが一時間ほどで歩いて周れる、小さな街に詰まっているものを、不思議な気持ちで思い出そうとしている。
いづれも朧げな、記憶を繋ぎあわせると府内城(荷揚城、白雉城)のすぐ脇にある小さい桝目のものばかりだ。
f0133771_2335556.jpg
f0133771_074259.jpg


宗家の菩提寺にも立ち寄り、方丈に声をかけ線香を分けてもらい手を合わせた。
幼い頃、襷掛けして岩戸神楽を舞う真似事をした、長濱神社に回り、「トキワ!トキワ!」とはしゃぎ一番楽しみだったトキワデパートへ。
今宵、従兄弟と昔話を語らいながらの一杯の時間が楽しみだ。
[PR]
by cantare-so | 2013-05-14 15:08