<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

クリスマス・ホーム・コンサート

12月21日。第30回目のコンサートを無事に終了した。と言うことは30年続けて歌ってきた……事になる。
今年も疾風怒涛の一年だった。
歳と健康も考えて、ゆっくり少し?ずつ仕事と遊びを楽しみます!と宣言して、一年を過ごして来た筈だったが、とんでもない活動量になっていた。

来年は柄にもない宣言はしない事にしよう。
f0133771_12103667.jpg

f0133771_12103660.jpg

何年振りかの風邪にも悩まされ、立て続けの本番に、「先生!とても❓歳には見えません、お若い⁉️」
何とかも、おだてれば木に登るで…
結局、気がつけば年の瀬に。
f0133771_12103755.jpg

f0133771_1210388.jpg

f0133771_12103820.jpg

f0133771_1210399.jpg

所詮、考える事には向かない生来の性格は変えず!当たり前か、頑張ることに致します。
f0133771_12103921.jpg

f0133771_12104035.jpg

f0133771_12104151.jpg


年末、もう一台の私専用ロータリークーペRX8と泣く泣くお別れ。
後継車はハスラー、ミニ4WDに。軽快な乗り心地で雪山へ。これはかなり楽しい!
しかし、長距離は矢張りSUBARU XVハイブリッドを走らせている。



????????????????????????????
[PR]
by cantare-so | 2014-12-28 11:46

エヴェレスト街道後篇

3440mにあるナムチェ、酸素量がかなり薄くなるのを感じてきた。
ダウンジャケットを着込んでいても寒い。
夜のバザールで買い物、こうなるといつの世と時も、女性は急坂をものとはせずに元気が良い!

集落を通過する度に回す、マニ車はかなり大小があるが、大は一回、小は20個以上あり次々回しつづける、常に左側通行と決まっている。
さて、明日は3880mにあるシャンボチェへ急登する。テンジンの記念碑を周り、登りの道は少し人が多い。
さあ!世界最高所にある、日本人経営者宮原さんが38年前に建設した、「エヴェレストビューホテル」が待っている。
f0133771_1733047.jpg

f0133771_1733161.jpg

f0133771_1733250.jpg

f0133771_1733276.jpg

f0133771_1733371.jpg

自然の岩をそのまま利用したダイニングで美味しい親子丼を口に入れながら、アマダブラム6856m、タムセルク6608m、そしてローツェ8516m、エヴェレスト8848mが目の前。
若い時から、写真で見ていた山々ばかりだ。
それにしても、よくもこんな場所に建設したものだ!
世界最高の眺めに、予想を上回る感動が湧いてくる。酸素量は平地の約60パーセント。支配人のソナムさんは以前槍ヶ岳で働いていて、私の山の友人のメッセージを伝えた。
明日は今回の目標4200m、クンデピークへ。
心臓さえコンディションが良ければ、5000m級ゴーキョ、カラパタール、エヴェレストBCは⁇…のだが、意地はりと無理はしない!と自分に言い聞かせている。
f0133771_1733410.jpg

f0133771_1733836.jpg


f0133771_1733556.jpg

f0133771_1733569.jpg

f0133771_1733683.jpg

f0133771_1733670.jpg

f0133771_1733785.jpg

f0133771_1733830.jpg

快晴の中、全員が無事登頂!
ホテルが用意してくれた、おにぎりと鳥の唐揚げ、そして持参したドライフーズ味噌汁の昼食。
下山、ホテルへの帰途、クムジュンにある寺に寄り、イエティの頭皮を見た。
明朝は一気にヘリでルクラへ。
何と言う大名旅行気分!満足、充足感は最高潮に。
ルクラにたったの10分で着陸。しかし飛行機はしっかり3時間も待たされ、見事なジャンプ離陸を経験、混沌のカトマンズに戻った。
後日談はまだあるが、帰国しても、ヒマラヤ病が頭から離れない。


????????????????????????????
[PR]
by cantare-so | 2014-12-07 14:49

エヴェレスト街道前篇

わが家、今年最大のイヴェントに。
参加メンバーは妻、娘、山の先輩O氏、そして私。
バンコク経由でカトマンズ1泊。
4年振りだが、喧騒と埃まみれの混沌は変わっていない。
シェルパのガイドと5人乗りヘリコプターでルクラへ。
谷の低い所を飛行するので、中々の迫力!思わず「地獄の黙示録」の場面を思い出して、ワルキューレを口ずさんでしまった。
それにしても驚異の短さ!傾斜した滑走路の脇に着陸。帰路は16人乗り飛行機での恐怖のジャンプが待っている。
f0133771_1438319.jpg

f0133771_1438414.jpg

f0133771_1438534.jpg

f0133771_1438545.jpg

ルクラからは4日間の歩き、ポーター1人が私達の荷物60キロ余りを担いでくれる。今回の目標最高到達点は4200M。いよいよエヴェレスト街道の出発。
霧でフライトがキャンセル、急遽ヘリにしたので、歩き出しが遅くなり2時間程距離を稼いでタラコシと言う集落にあるロッジ泊に。
f0133771_1438618.jpg

f0133771_1438725.jpg

f0133771_1438822.jpg

f0133771_1438979.jpg

f0133771_1438947.jpg

水回りを除き、快適で掃除の良く行き届いた部屋で睡眠。
翌朝は明け方と共に歩き出す。
すでに物流の中心、ゾッキョ(水牛とヤクの混血)とラバ、それにポーターの集団が動き始めている。
深い谷の登降、長い吊り橋のすれ違い。夥しい排せつ物を避けながら、しかし心は浮き立つようだ。
パクディン、モンジョと歩を進める、途中の滝を見ながら、ロッジでの昼食が美味い!
サガルマタ国立公園事務所で、入山料を支払い、2泊目のジョルサレへ。
2日間フライト不可で、登りのトレッカーも少なく、静かで楽しい時間が流れて行く。
同宿はドイツ人夫婦2組だけ。
どのロッジも、部屋はツインベッドで寝袋に潜り込み落ち着ける。
体調は良くないが、まあ何とか歩けそうだ。
f0133771_14381073.jpg

f0133771_14381189.jpg

f0133771_14381284.jpg

f0133771_1438122.jpg

f0133771_14381324.jpg

f0133771_14381425.jpg

最後の急登。と言われていたが、それほどではなく、45年来の夢、ナムチェに到着。バザールの急坂を登って、今宵の宿へ昼には到着。
コンデリが目の前だ!途中エヴェレストも見えた!
[PR]
by cantare-so | 2014-12-07 13:19