喧騒のカトマンズ、そしてエヴェレストを目の前に

 フェワ湖畔のホテルに戻りゆったりとした2日間を過ごした。昼食はホテルのイタリアンでピッッアとスパゲッティにエヴェレストビール。
f0133771_013167.jpg

 お決まりのボートからのアンナプルナとマチャプチャレは、いつまでも見飽きない景観だ。ホテルの屋上から夕暮れの景色も、いつまでも立ち去れない魅力に満ちている。
f0133771_0161699.jpg

f0133771_15329100.jpg

 翌日は見所のオールドバザール・ビドゥバシニ寺院・ポカラ博物館を回り、湖畔のレストランではヨーロッパリゾート風に、本格的チキンカレーとベジタブルカレーを食べながらアイスティーなどを楽しんだ。
 隣の老夫婦は三ヶ月の休暇でドイツのコンスタンツから来たという。かって私達も訪れたことのある湖畔の町で、かのツェッペリンの話に盛り上がった。
f0133771_15135798.jpg

f0133771_1541052.jpg
午後は滝のあるパタレ・チャンゴ・鍾乳洞の寺院・そしてチベット難民の村でカーペットの買い物をして引き上げることにした。
 二晩とも夕食は日本食レストラン「たべものや」。こぎれいで味もよくすっかり気に入り、近くで日本語を教えているというネパール人の好青年にも出会った。

 さて、翌日は一時間半遅れのフライトでカトマンズに戻り、さらに東にあるナガルコット(2100m)まで足をのばした。
いつになったら出来上がるのか知れない、土煙舞い上がる工事中の道路と人混みのカトマンズ、混沌から九十九折れの山道にすっかり疲れ果て、か弱い私は車の中で元気なく無口だ。
 過剰な胃の上下動のあとに辿り着いた景勝の高原は、目の前にランタン・ヒマールが広がる絶景だ。
 ホテルはまたもや貸しきり状態で、部屋の広いテラスも、屋上も私たちだけの展望台。
f0133771_1155466.jpg

f0133771_071584.jpg

芥子粒ほどにしか見えないエヴェレストを発見しては、夫婦ふたりではしゃいでしまうほど東に連なるヒマラヤの山並みは果てしが無い。部屋からは出入自由のヒマラヤ劇場で、サンセットとサンライズを心ゆくまで堪能出来た。

 夕食に私たちが注文したのは中華料理。西洋料理からネパール料理、何でもオーダーに応じるというから大したものだ。そして出てきた6品ほどはどれも美味しいのだ。

 この5日ばかり熱にうかされたように山を見つづけたせいか、その夜から悪寒が走り、どうやら風邪症状の私。
 お腹の具合が今ひとつの妻。疲れからか、興奮しすぎか、はたまた予定どうりの水あたりかと思いながら、翌日はカトマンズに戻った。
 こうなれば、やはりエヴェレストを目の前にしなければ心残りが出来るものと、明朝のマウンテン・フライトの予約をとることにした。

 翌朝一番のフライト。
 通例、中止も多く、ガスが晴れずひやひやしたが、二時間遅れで離陸。
f0133771_15472971.jpg

この往復一時間の飛行は雲ひとつ無く穏やかな天候の中、目の前にクーンブ山群とエヴェレストが展開して、さらにコクピットまで入れてのサーヴィス。感動に同乗16人(日本人は私たちだけ)、特に「ラッキー!」を連発する欧米人達の歓声に機内は満ちていた。
f0133771_0281726.jpg

f0133771_0302442.jpg

 この高度7000mあたりから見ることのできるエヴェレスト(8848m)は、「死ぬまでに一度は見ておきたい」まさにそんな光景だ。 

 さて、もうひとつ必ず果たしたいことが、それはヒマラヤ原産のヒマラヤ育ちの蕎麦粉で、手打ちの蕎麦を食べること。
f0133771_1454484.jpg

これはあらかじめ調査済みで、市内の日本人御用達のホテル内にある店。それも戸隠で修行したというネパール人が打つというのだ。
 思い込みは、エヴェレストの後はヒマラヤ蕎麦。
 タクシーと交渉しつつ、地図を示しながら奮闘すること、三十分やっと到着。
その甲斐あって、気になるつけ汁もわるくない、こぎれいな配膳と本格的なぼっち盛りそばを賞味、大満足。蕎麦はムスタン産。

 気が緩み、その後、私はホテルで二日もダウン。
古都パタンとバクタプル観光は取り止め、ダルバール広場にまで何とか歩き、その後、ホテル近くの「桃太郎」の和食にも食欲がわかない。
f0133771_16274272.jpg

f0133771_161059.jpg


f0133771_15182176.jpg

 しかし具合の悪いはずの妻は、タメル地区の買い物に勇ましく出撃して、さすがにその基礎体力の差を見せつけ、あらためて感服させられた。
f0133771_15365075.jpg

 彼女が何度か部屋を出入りする間に、土産物の山が出来上がり、さて明日の帰国の際にどうパッキングするかの戦いになった。
f0133771_15385042.jpg

[PR]
by cantare-so | 2010-01-20 21:44
<< いまひとたびの春 憧れのアンナプルナ >>