人気ブログランキング |

春茸モリーユ

歌舞伎座の裏手にある小さなレストラン (あとでオーナーシェフと話したらビストロですよと謙遜) の貼り紙が目にとまった。
 生モリーユ茸入荷の文字。
f0133771_2144616.jpg
 昼食時をとうに過ぎた時間だったが、声を掛けてみると、「どうぞ、どうぞ」と冷蔵庫からパレットをとり出して中身を見せてくれた。
当然、フランス産かと思いきや奈良から入荷との事。茸好きの私だが、いままで乾燥モリーユしか知らず、その何倍もある大きさに少し驚いた。「どんな料理にするのですか」と尋ねると、「挽肉をつめてのワインソースでお出します」。興味深々の私と、そのあとしばらくはよもやま料理の話。
 連休明けの、五月大歌舞伎「団菊祭」の観劇前に食事をと思い、歌舞伎座近くにいた妻を携帯で呼び寄せ、後日の予約をした。

楽しみにしていた当日、前菜の盛り合わせで始まり、フランス産白アスパラガスのグラタン、そ
してモリーユ茸にフォアグラのポアレ、シャラン産の鴨のエスキャロップに赤ワインソース、そしてデザートの盛り合わせ。
f0133771_203042.jpg
f0133771_1583775.jpg








春茸モリーユの食感に感激と満足をいただき、その夜の歌舞伎と何もかも堪能した一日を過ごした。
 モリーユ茸の季節は終わったが、6月に入った初日、妻と娘と待ち合わせ再度その店「厨房銭谷」に出かけた。その味がやみつきになりそうな赤ワインソースの鴨を娘とまた注文、妻はエスカルゴ、ジュレ入りのビシソワーズも絶品。
 村上信夫直系の正統派、フランスでの修行の蓄積、そして料理は人柄の、その優しさに溢れたフレンチは、めったに褒めない皮肉れ者の私でも相好崩れっぱなしなのです。
by cantare-so | 2007-06-07 00:37
<< 月山筍 すべての道は蕎麦に通じる Ⅳ >>